• (via limeflavored)

    • 901
    • 901
  • (Source: mujeres, via d-d-d)

    • 182
    • 182
  • markvelasquez:

    Study in Tones, 2014

    -

    Model: Cherish

    (via deadgirls)

    • 1396
    • 1396
  • iyoupapa:

    (via Marius Brede)

    (c) 2012 Marius Brede under CC-BY-SA license.

    • 1
    • 1
  • lecoledesfemmeslaurasfez:

    Secretaire in a hold up. #lecoledesfemmes #belledejour #shortsleevedress #35mm shot by #laurasfez

    (via shortcutss)

    • 1087
    • 1087
  • thebooksandbeauties:

    Exclusive from Russia.

    (via teachingliteracy)

    • 784
    • 784
  • "例えば、20年、30年前にはなかったことですけど、街のあんちゃん、おっさんたちがウィキペディアで仕込んだばかりの一知半解の知識で、「こんなことも知らないのか」と学者に向かって喧嘩を売ってくるようになった。この人たちって、単一の論件については偏執的に詳しかったりするのです。数値や日付や書名や人名をぺらぺら諳んじてみせる。そして「自分のような素人でも知っていることを知らない学者にはこの論件について語る資格はない」と一刀両断する。ほとんどこのワンパターンです。彼らにとっては情報というのは「量」ではかるものであって、「質」についての判定がありうるということを知らない。彼らは学者というのをただ「知識を大量に持っている人」だと見なしているので、自分が知っていることを知らない人間はいきなり「自分と同程度かそれ以下」に格付けされる。だから、彼らは必ずまず「私はずぶの素人ですが」とか「ものを知らない人間ですけど」という名乗りをしてきます。別に謙遜しているわけではなく「バカでも知っていることを知らない」というレッテルを他人に貼り付けたいだけです。
    これ、やれば簡単なのです。統計数値や年号の一つでも覚えておいて、専門家に「あなた言えますか?」と訊いて、答えられなければ「論ずる資格なし」と切り捨てることができる。この専門家を切り捨てることの全能感はたいへんに強烈なので、一度味をしめた人間は必ずこれにアディクトしてしまう。そして回復不能の情報弱者へと自己形成してしまう。
    専門家も知らないような知識にすぐにアクセスできるというのはネットがもたらしたすばらしい恩恵ですけれど、それは同時にある種の全能感を人々に安売りしてしまった。体系的な勉強なんかしなくても、キーボードをちゃかちゃか叩けば、この世のことはすぐに知れると思い込んでいる。"
    • 579